靴職人の靴修理とオールソール交換

靴職人が営む横浜古参の靴修理店

営業日|月木金土日祝10:00-20:00

コロナ対策について

人気記事 BEST3

靴ギャラリー|その他

GUIDI グイディのファスナー(スライダー)交換&リフト交換&ハーフラバー

GUIDIのリフト交換&ハーフラバー&ファスナー交換の修理 Before

Before

GUIDIのリフト交換&ハーフラバー&ファスナー交換の修理 After

After

ブランド
GUIDI
修理内容
ファスナー(スライダー交換)&リフト交換&ハーフラバー
コメント
GUIDI
1986年、タンナーのコンチェリア グイディ ロゼリーニ社設立。
長年に渡り、タンナーとしての地位を確立してきたコンチェリア グイディ ロゼリーニ社は、2005年AWより”GUIDI”をスタート。
それまでに、数多くのデザイナーを魅了してきた革、そして、そのクラフトマンシップを注ぎ込んだプロダクトは、大量生産を行っておりません。
独特の世界観、雰囲気、希少性もあり、世界中で多くの人を魅了しています。

今回は、リフト交換、ハーフラバー、ファスナーのスライダーの交換というご依頼です。

グイディのファスナータイプのお靴をお持ちの方には、避けては通れない問題だと思います。
スライダーが変わるだけで、雰囲気がガラリと変わることもあります。とても重要なパーツなので、色々と調べ、ほぼ同じものを見つけました。
交換も、ステッチを少し切って、ファスナーの留め具を外し、スライダーを入れ替えて、留め具を付けて、縫い直すという流れです。

リフト交換とハーフラバーは、グイディにおいて注意すべき修理の一つです。
それは、なんと言ってもコバが独特な仕上げをしているからで、やり方を間違えると雰囲気を壊してしまいます。
荒い雰囲気に仕上げたいので、仕上げるペーパーの番手も荒いもので行います。
コバインクも、当店オリジナルで作っているものを使用して、元の雰囲気を壊さず仕上げました。

お客様も「昔、修理したときに、コバが綺麗になって返って来てしまって。。。」と、苦い経験をされているようでした。
様々なお靴の修理が来る中で、そのお靴に合った施工が可能になるよう、現在も研究をしています。