靴職人の靴修理とオールソール交換

靴職人が営む横浜最古の靴修理店

営業日|月木金土日祝10:00-20:00

11月8日(金)臨時休業します。

11月13日(水)臨時営業します。

人気記事 BEST3

靴ギャラリー|ソール交換

CAROL CHRISTIAN POELL キャロル クリスチャン ポエルのソール交換

Before

After

ブランド
CAROL CHRISTIAN POELL
修理内容
ソール交換
コメント
CAROL CHRISTIAN POELL

テーラーである父の影響を受け、デザインやテーラリングを学ぶ。
パートナーのSergio Simone(セルジオ・シモン)とCAROL CHRISTIAN POELLを設立するまでは、イタリアでフリーのデザイナーとして活動。
独自のコンセプトはもちろん、テーラーとしての確かな技術、洗練されたマテリアルによって世界中のファンを魅了しつづけています。

今回の修理は
購入して20年程経過してもなお、直して履きたいというお客様の想いに打たれ
出来る限り購入当時の仕様を再現させて頂こうと取り組みました。
修理もできず、履きたくても履けていなかったそうで。。。
アッパーも屈曲する部分でステッチが切れ、経年劣化で革も固くなっていました。
薬品で革を多少柔らかくし、ステッチを掛ける部分を革で補強してからリステッチを行ってます。

このお靴、すくい縫いは手で行われているんです。吊り込み代も革がポロっととれる箇所があり、ここにも革で補強を行い
慎重にリウェルトを行いました。ただ、昔の革はやはり質が良いなと感じました。その状態になっていてもすくい縫いの力にきちんと耐えれるんです。

そして、この靴の最大のポイントは底周りです。
あの独特な雰囲気をどう再現するか、、、
ワークブーツ等の雰囲気はこれまで経験してきたものの、この仕様は初めての挑戦となりました。
コバも荒く仕上げ、あのムラがあり毛羽立った感じ。ヒールのアゴも面一ではありません。

そして、ヒールとソールに打つ釘も錆びさせてます。
釘の頭も大きさがあり、ムラ感を出した底面に打つことでグッと雰囲気が上がります。
今回のお靴の様に
お客様のご要望にお応えすることで、私達も良い経験ができ、スキルアップをすることができます。
そして、その技術をまたお客様へお返しできればなと思っています。