靴修理日記2015.08.13

ジミー チュウのウェッジソールのカット

今回はジミーチュウのウェッジソールのカットです。

ウェッジソールとは、下写真のように
爪先から踵までが一繋がりになっている船底を指します。
ヒールがセパレートタイプの一般的なパンプスとの違いは
履いたときの安定感にあります。
ウェッジソールは底全面がほぼ地面と接しているために
歩行時の左右へのブレが少なく、脚への負荷も少なくなるのです。
また
美脚効果がある上に
デザイン幅も広いため、合わせるボトムスを選ばず
ミディ・ミモレ・マキシ丈、ショーパン、スキニー、ガウチョ 、etc.
とても合わせやすく、重宝必至です。

この開発は
フェラガモ氏により大戦中になるのですが
流行り廃り激しい婦人ファッション界において
現在まで最前線で活躍し続けるデザインを残すとは
やはりサルバトーレ・フェラガモ氏の先見の識には驚かされます。

DSC_0639

本件の靴は、夏のリゾート地等で使用されている
エスパドリーユ(麻縄底を持つ靴) を彷彿とさせるジュート(麻の一種) を
ウェッジソールの側面に螺旋状に巻いておりますが
その中身は、樹脂を発泡させたような硬質スポンジに近い特殊素材です。
ウェッジソールは重さを出さないようにするため
スポンジ、樹脂、木 等の素材で出来たウェッジソール型の部材に
ジュートやラタン、革、合皮 etc. が巻かれています。
ゆえに
アッパーのデザインは気に入っているけども厚底が怖い場合
この中の資材を、写真のように切り落とすことで低くできる訳です。

御興味はございませんか?

DSC_0685

この記事を読んだ人によく読まれてる記事