靴職人の靴修理とオールソール交換

靴職人が営む横浜古参の靴修理店

営業日|月木金土日祝10:00-20:00

コロナ対策について

人気記事 BEST3

靴ギャラリー|ハーフラバー

Tricker’s トリッカーズのハーフラバー&爪先補修(スチール)&リフト交換

Tricker'sのハーフラバー&爪先補修&リフト交換 修理 Before

Before

Tricker'sのハーフラバー&爪先補修&リフト交換 修理 After

After

ブランド
Tricker’s
修理内容
ハーフラバー&爪先補修(スチール)&リフト交換
コメント
Tricker’s
1829年、ジョセフ・トリッカーがイギリスのノーザンプトンにて創業。
ロイヤルワラントを授与される等、紳士・婦人靴を作るイギリスの老舗靴メーカーです。カントリーブーツとして有名な”モールトン”など、代表するモデルも多く、トリッカーズにしか出せない雰囲気もあり、多くの方を魅了しています。

今回は、トリッカーズの「CHURCHILL SILPPER」の修理依頼です。
「薄いソールの仕様で、普段履きではあまり履けないので、補強をしたい。」との事です。

ルームシューズとして作られているので、返りが良い薄いソールを使用しています。
街履き用とするには、ソールやリフトの減りが早いので、今回の様に補強をするのがおススメです。
リフトもラバーで厚みがあるものへ変更し、ソールにはハーフラバーと爪先にスチールを付けます。

爪先は、アッパーを傷つけてしまうので、補強をしておいた方が良いです。
ハーフラバーもヒールが低いお靴の場合、踏まずより少し前あたりまで接地するので、ハーフラバーも少し後ろまで貼ります。

ルームシューズ系のお靴は、最初に補強をする事で、長く履くことが出来ます。
既存のソールを活かして、部材を交換していくという履き方が良いかなと思います。

今回は、スチールもゴールドで雰囲気も良く仕上がり、大変喜んで頂けました。