靴職人の靴修理とオールソール交換

靴職人が営む横浜古参の靴修理店

営業日|月木金土日祝10:00-20:00

コロナ対策について

人気記事 BEST3

靴ギャラリー|その他

Crockett&Jones クロケット&ジョーンズのアッパー補修

Crockett&Jonesのアッパー補修 修理 Before

Before

Crockett&Jonesのアッパー補修 修理 After


After

ブランド
Crockett&Jones
修理内容
アッパー補修
コメント
Crockett&Jones
1879年、チャールズ・ジョーンズとジェームズ・クロケットによりイギリスのノーザンプトンで創業。
イギリスを代表する革靴ブランド。オリジナルブランドを製造する前は、ジョンロブやジョージクレバリーのOEMを手掛けるメーカーでした。
メインラインの他に、ハンドグレードラインもあり、日本では多くの方を魅了しています。

今回は、ハンドグレードラインのお靴の依頼です。
「クラックがおきてしまい、このままだと裂けてしまうので補修をしたい。」との事です。
屈曲部分はクラックが起きやすく、良い革を使っていて、メンテナンスをしていても起きることはあります。
一度、クラックが起きてしまうと、元に戻すのは不可能で、革のパッチを当てるか、裂けをまたいで縫うという方法になります。

今回は、縫う方法での補修に決まりました。当店では、パッチよりも縫う方法を選択されるお客様の方が多いです。
クラックが起きている裏側のライニングが生きていれば、そのまま縫いますが、穴が空いたり、摩耗で薄くなっている場合もあります。
その際は、当て革をしてから縫っていきます。縫った後は、下糸を保護する為に、当て革でステッチを覆います。
当て革をするので多少タイトに感じられる事もありますが、馴染んできます。しばらくしてもタイトな場合は、サービスで伸ばすこともしております。

最近は、この様な修理をされる方が増えてきているように感じます。靴の価格が上がっているのもあると思いますが、靴を長く大事にされている方も増えてきていることも大きいと思っております。
スニーカーを履く機会が増えている昨今ですが、革靴の良さを再認識している今日この頃です。