靴職人の靴修理とオールソール交換

靴職人が営む横浜古参の靴修理店

営業日|月木金土日祝10:00-20:00

コロナ対策について

人気記事 BEST3

靴ギャラリー|その他

Tricker’s トリッカーズのソール交換

Tricker'sのソール交換 修理 Before

Before

Tricker'sのソール交換 修理 After

After

ブランド
Tricker’s
修理内容
ソール交換&スベリ交換
コメント
Tricker’s
1829年、ジョセフ・トリッカーがイギリスのノーザンプトンにて創業。
ロイヤルワラントを授与される等、紳士・婦人靴を作るイギリスの老舗靴メーカーです。カントリーブーツとして有名な”モールトン”など、代表するモデルも多く、トリッカーズにしか出せない雰囲気もあり、多くの方を魅了しています。

そんなトリッカーズの修理依頼です。
「履き込んで、革も白っぽくなってきたので、履き込んだ感じを残して、コバもドレス寄りに綺麗にして修理して欲しい。」との事です。
確かに、革も少し乾燥していて、吟が荒れています。

今回は、ソールの先端も減って来ていたのでオールソールを行います。仕様も元と同様にします。ミッドソール&コマンドソールです。ウェルトは、再利用できそうなのでそのまま。
ヒールのアゴあたりは、出し縫いがギリギリだったので次回はリウェルトが必要になってきます。
コバは生地仕上げで。新しくなったミッドソール部分は素材が違い、経年変化もありませんので、色が少し違いますが、これも履き込んでいくと次第に濃くなってきます。
ラバーやナンポウのミッドソールもありますが、ウェルトとの接着の相性も考えると革の方が雰囲気良くあがると思います。もちろん、お客様のご要望とお靴の雰囲気に合わせてですが。

踵内側も摩耗もありましたので、スベリ交換も行いました。仕上げは、入念にクリームを入れておきました。クリームでここまで雰囲気は戻りますが、日々のお手入れが長く履いていく際には重要になってきます。
履かない期間があるお靴でも、定期的にメンテナンスをしてあげる事で、寿命は長くなります。
綺麗目な雰囲気に仕上がったお靴で、また長く履いて頂ければ幸いです。