靴職人の靴修理とオールソール交換

靴職人が営む横浜古参の靴修理店

営業日|月木金土日祝10:00-20:00

コロナ対策について

人気記事 BEST3

靴ギャラリー|ソール交換

Iron Boots アイアンブーツのソール交換

Iron Bootsのソール交換 修理 カスタム Before

Before

Iron Bootsのソール交換 修理 カスタム After

After

ブランド
Iron Boots
修理内容
ソール交換
コメント
Iron Boots
名も無きビジネスシューズを展開する、「LEATHER PORT」により展開されたワークブーツブランド。
中国南部に工房を構え、6人の職人によりハンドソーンウェルテッド製法で作られる製品は、品質は勿論の事、圧倒的なコスパにより人気を博しています。そんなアイアンブーツのソール交換の依頼です。
「新品を更に、自分好みにカスタムをしたい。」とのご依頼で、実は、このお客様、色々なワークブーツをお持ちで、このアイアンブーツも数足目なのです。
バイクにも乗られて、自分の足にも合うので色々なパターンでオーダーをされているそうです。

ソールは、厚いミッドソールにVibramの#100という仕様。このソールは、高い耐摩耗性に衝撃吸収力、グリップ力がとても強いのが特徴です。
そして今回、アイアンブーツの特徴でもあるハンドソーンが、一つポイントとなりました。出し縫いが細かいので、今回の厚みのあるソールを縫う機械だと、そのピッチでは縫えないのです。
せっかくの細かいピッチの縫いは勿体ないですが、上がりの良さを考えて、リウェルトを行いました。
全てをぶち抜いているので、出し糸が切れた時の為に、ビスでソールを留めます。ソールを貼る糊も、バイクに乗られるので、耐熱性に優れた糊に接着力を増す溶剤をプラスして使用しました。
マフラーの熱などで、ソールが剥がれるという事がありますので、この糊は必須です。

ヒールは積上げをプラス。リフトはVibram#100。形をルイヒールと呼ばれるアールを付けた仕様に。コバもライトブラウンに仕上げて統一感を。

今回の様に、ある程度、自分の好みが決まっていたり、こういう仕様だったら良いけど買うのか悩むという方もいらっしゃるので、最初にカスタムするのも良いですね。