靴職人の靴修理とオールソール交換

靴職人が営む横浜古参の靴修理店

営業日|月木金土日祝10:00-20:00

クラウドファンディングのお知らせ

コロナ対策について

人気記事 BEST3

靴ギャラリー|その他

trippen トリッペンのアッパー補修

torippenのアッパー補修 修理 Before

Before

torippenのアッパー補修 修理 After

After

ブランド
trippen
修理内容
アッパー補修
コメント
trippen
1992年、ドイツにて創業。
靴職人マイスターのミヒャエル・エーラーと、デザイナーのアンジェラ・シュピーツによりブランドをスタート。
トリッペンが最初に発表した「履けない木のサンダル」のコレクションが、昔の貴婦人が雨の日にサボのような靴でよちよち歩いていた木靴をイメージしたとこから、ブランド名の由来”よちよち歩き”がきています。
ヨーロッパの伝統ある靴製造業者が減り、伝統的なノウハウや製造に関わる業者が姿を消す中で、人間工学に基づいた履き心地を追求し、唯一無二の製品を自社工場のみで作る生産体制を維持しています。
その品質、性能は、大量生産では不可能な丁寧な手作業により、生み出されており、多くのファンを魅了し続けています。今回は、悲しいことにアッパーが裂けてしまったというご相談です。
ライニング無しの仕様ですと、避けられない問題です。サンダルのストラップなどの付け根や屈曲部分など、負荷がかかり易い箇所は特にです。

補修方法ですが、避けた部分の裏から革を当て、ギザギザと縫っていきます。
縫い目を隠す為に、上から革で覆い、ステッチをかけます。また、縫いの下糸を保護する目的で、裏にも革を貼って、踵のトップラインン部分のみにステッチをかけてます。
元々、ステッチがないところでしたので、極力、デザイン性を損なわずに最低限のステッチで抑えました。

ステッチの上から覆った革は、同系色が無く、染料で染めて、クリームで色調整を行って雰囲気を合わせました。
既存のデザインに、新しいパーツを加える事は、雰囲気を壊すリスクが高く、パーツの形状、革の質・色・厚み、とても重要になってきます。
補修しても、雰囲気が変わり、履かなくなってしまっては本末転倒ですので、その辺もスタッフで相談しながら作業を行っております。

今回のお靴も、とても大切にされていたお靴の様で、トリッペンの理念の様に修理しながら長く履いて頂ければ幸いです。